PPS_tenimotusakuranbo_TP_V
体の悩み

出産してからおっぱいが垂れた……私がバストアップするまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

youDSC_0057_TP_V
妊娠するまで、私はCカップありました。

自慢ではないですが、形が良く、彼氏にも褒められたことがあります。もちろん旦那にも!

やっぱり男性でおっぱいが嫌いな人っていませんよね。

でもそんな私も子どもを授かり、母乳をあげるなど母としての喜びに浸っていました。

そして、仕事復帰するために7ヶ月で母乳をやめ、子どもを保育所に預けました。

完全母乳で育てていた私は、十分足りるぐらい量が出ていて、胸のハリもすごくて仕事中は母乳パッドがボタボタになるほどでした。

2週間ほどしたら落ち着いてきたのですが……今度はなんとおっぱいがしぼんでしまったのです。

それは吉本新喜劇の桑畑さんが演じるおばあちゃんのおっぱいそのもの!!

けれど子育て中は自分の体よりも子どもメインに生活してきたので、仕方がないと自分に言い聞かせてきました。

子育ても落ち着き、友達と遊んだり外に出る機会が増えてくると、キレイな女性が目につきます。

自分にはないものを持っている女性に憧れを抱いてしまいます。

果たして垂れてしまったおっぱいを元に戻すことはできるのでしょうか?

たかがおっぱい。されどおっぱい。

まだまだ女でいたい私は、産後の垂れて小さくなってしまったおっぱいのバストアップを開始しました!

豊胸の整形手術

今すぐにでもキレイなおっぱいを手に入れたい!

そう思った私は、ある美容外科クリニックにカウンセリングを受けに行きました。

そう豊胸手術

いったい料金はいくらぐらいかかるのかなと思ってとりあえず行くことに。

ネットでいろいろ検索し、口コミが良かった大手美容整形外科クリニックです。

手術前・手術後の写真を撮られたりネットやテレビ、雑誌などに掲載されたり、体験談を書くモニターというものがあります。

手間かかるけれども、通常の値段よりも施術を安くうけることができるらしく、今回話を聞いてみることにしたのです。

私の垂れたおっぱいを見てもらい、ハリのあるお椀型のCカップにしたいという意向を告げます。

先生の出した手術費用は……なんと80万円!!!しかもモニター価格で!!

私の場合、もともとのおっぱいが大きく、授乳中はFカップぐらいありました。

Cカップ分のヒアルロン酸の注入やプロテーゼの挿入をしたとしても、伸びきった皮膚を切らないとハリのあるきれいなおっぱいにはならないということ。

かなり大がかりな手術です。

そして手術後も痛みや、生活に支障がでると言われました。

兼業主婦をしている私にとって、生活を制限されるのは無理……。もちろん80万円という大金も出せない……。

ということで、整形外科での豊胸手術は断念しました。

生活に余裕がある人は豊胸手術も一つの手段です。

モニター募集をしているクリニックもあるので一度検索してみてください。

通常の70%OFFで手術を受けられるクリニックもありますよ。

ブラジャーの見直し

IMG_4019
そこまでお金をかけられない私がまず行ったのは、ブラジャーの見直しです。

出産後はずっと緩めの授乳ブラ。

断乳後は通販で安く購入したブラを使用していました。

キレイなおっぱいを作るには、ちゃんとしたブラジャーを着用しないといけないのです。

このまま垂れたおっぱいで生きるのか……と諦めないで!

自分に合ったブラジャーを選ぶことによって、垂れていたおっぱいがグッと寄せ上げられ、ワキや背中のプヨプヨした肉も入れて、すっきり美しく見せることが出来ます。

適切なブラジャーを使うことで、おっぱいの形が崩れてしまうのを防止する効果もあります。

昔と同じようなブラジャーを使っている人はますます垂れてきてしまうので、ぜひ見直しすることをおすすめします。

そして、ナイトブラというものもあります。垂れたおっぱいに悩んでいた私がいろいろ調べてたどり着いたものです。

その名も「Viageビューティアップナイトブラ」。

寝ている間に、背肉・脇肉をしっかり補正してボリュームアップまでできる優れもの。

起きている時と、寝ている時とでは、重力のかかり方が全く違います。

寝ている時も形を保ち、やさしく保護する事が重要なのです。本当にびっくりするぐらいの効果が期待できます。

ハリと弾力を蘇らせるマッサージ

IMG_3797
マッサージ方法もネットなどで検索するとたくさんありますが、すべてにおいて共通なのが、鎖骨・腋窩リンパをほぐして、背中やワキにはみ出たお肉をおっぱいに戻すというマッサージです。

鎖骨と腋下のリンパマッサージ

鎖骨を指で挟んで(チョキの手)、鎖骨に沿って肩の方へと滑らせます。

両方10回くらいしてください。

ワキの下に親指を入れて、裏側も表側もまんべんなくほぐします。

はみ出た脇肉を集める

左のワキに右手をあて、おっぱいの中心に集めるようにさすりあげます。

両方とも30回ぐらいしてください。

背中の肉も同様にマッサージしましょう。

おっぱいをやさしく包み込む

両ワキからおっぱいを両手で包み、10秒キープ。

上記マッサージをする時は、ローションかクリームをつけてしましょう。

その際、バストアップに効果のあるジェルやクリームも売っているので、専用ケア用品を使うと効果もアップします。

おっぱいは元に戻る

断乳後も育児は続くし、何かと主婦は忙しいかもしれません。

でも諦めないで続けることが大事です。

ちなみに私は1年ほどかかりましたが、ブラをつけなくてもお椀型になりました。

手をかけたらかけた分だけ、ちゃんとおっぱいは答えてくれます。

女性にとっておっぱいは大切ですよね。ぜひ試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事にコメントする