ブラジャーをする女性
体の悩み

「おっぱい大きくしてください」私が豊胸手術をした話。その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

彼氏におっぱいが小さいと言われて、思い立って豊胸手術をした私。
その手術の時の様子をお話したいと思います。
前の記事はこちら>

手術台に乗り、夢のおっぱいGETへ…

手術室

カウンセリング後、手術室へ移動しました。

医療系のドラマでみたことがある光景。
手術台があり、ライトがあり…。

水色の「THE手術着」に着替え、手術台に上がります。
手術の時間は30分ほどで終わるとのことですが、
人によってはヒアルロン酸を注入するのが痛いとのこと…。

痛いと言っても、そこまで…と思っていた私が甘かったのでした…。

口には笑気麻酔を当て、本格的な手術感…!

ヒアルロン酸を注入する箇所に局部麻酔をし、口元には笑気麻酔を当てます。
(今まで、笑気麻酔をしたことがなかったのですが、頭がぼーっとするものなのですね。)

だんだん頭がぼーっとしてきて、眠い時のようなぼんやりした感じに。

先生と、看護師さん達に囲まれて手術が始まりました。

麻酔をしていても感じる激痛

ぼんやりする頭×どきどきする気持ち…。
ぼーっとしている間に手術も終わるのかなぁと思っていました。

でもやっぱり、憧れのおっぱいは簡単に手に入るものではなかったのです。

麻酔をおっぱいに入れる際、ビュルルルルルと激痛が走りました。
胸の中に、何か細い管が通って、そこを柔らかいグミが走っていくような…
痛みにそこまで強くない私は、体が反り返ると思うくらいの痛みでした。

麻酔をおっぱいに通した後、ヒアルロン酸を注入していきます。
その後に先生がおっぱいを手でほぐしてくれます。(ヒアルロン酸を散らしている感じ…)
コレもまた強くて痛い…。

ずっと看護師さんが手を握ってくれていたのですが、それがとても心の支えになりました。
大手術のように感じました…私はただ、おっぱいを大きくしたかっただけなのに…。

その痛みを両胸分耐えて、手術は完了。

手術後のおっぱいは…メチャ大きくなっていた!

女性の胸元

手術後、笑気麻酔も10分ほどで切れ、すぐに帰れる状態に。
来た時と何ら変わらない自分…1つのことを除いては…。

そう、おっぱいがめっちゃ大きくなってました。
注入した量に加えて、手術直後は麻酔が効いていて腫れているのです。
私が普段つけているBカップのブラジャーでは収まらないほどの大きさになっていました。
あとで調べたところ、Eカップのサイズに。
あんな自分のおっぱいは初めて見ましたね…。
なんというか…どの確度でも「おっぱい」が自分で立っている感じ…。

手で両胸を抑えて、溢れるくらいの大きさになってとても嬉しかったです。
服の上からでも分かるおっぱいのシルエットにほっこりしながら、嬉しく家に帰ったのでした。

手術の痛みと戦ってよかったなぁ…なんてのんきに思っていたのですが、本当の痛み地獄はココからだったのです。

続きはこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事にコメントする