IMG_4299
体の悩み

生理のときに血の塊が!生活習慣で改善しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

20代の頃から生理に血の塊が多く見られるように。

貧血もすすみ、生理痛もひどくなったことから産婦人科を受診しました。

病気ではなかったけど、今でも悩まされています。

レバーのような生理の血の塊

レバーのような血の塊が多く見られるようになったのは新社会人となった頃。
それまでも小さな塊はたまにありましたが、2、3cmもある大きさの塊が急にでるようになりました。

見た目はレバーのようにふるふるした感じで、にぶい赤色をしていました。

最初のうちは「気持ち悪い」と思う程度で気にしていなかったのですが、ドクっと塊が出る感触を覚えるようになりました。

そうなると、すぐにトイレへかけこまなくてはなりません。

塊はナプキンになかなか吸収されないので、不快かつ出血が横漏れする可能性があるからです。

そもそもこの血塊はなんだろう

IMG_4299
塊の出現が続いたので、そもそもこれがなんなのか疑問になってきました。

産婦人科の本で調べたところ“子宮内膜の組織”ということでした。

女性の子宮内では、排卵日近くになると妊娠に備えて子宮内膜が厚くなります。

しかし、妊娠しなければ子宮内膜は必要ないので、剥がれ落ちて血液と一緒に排出されます。

これが生理なのです。

なので、生理の出血に子宮内膜が含まれているのは当然です。

しかし、通常であれば酵素で溶かされて液状になるのが一般的です。

そのまま溶けずに塊のまま排出されるのにはなにか原因があるからなのです。

貧血や生理痛もひどくなったことから受診

まず、塊が多いということは月経血が多いと診断されました。

そのせいで貧血が進んでいるとのこと。

月経中のヘモグロビン値も10をきっていたため、鉄剤を処方されました。

この鉄剤の副作用は、またしんどかったです。

飲んだ後に胃痛に襲われるので、作用を抑えるために医師からの指導の下、食間指定のものを食後に飲みました。

それでも、時によっては胃痛がありました。

そして、下痢か便秘のどちらかにみまわれました。生理痛もひどいのに腹痛もというダブルパンチ。

なるべく鉄剤は飲みたくなくて、食事から鉄分をとるよう心がけるようになりました。

次に激しい生理痛から内膜症疑いとされ、内膜の厚さを月経前、中、後に計測してもらいました。

体質的にも内膜が分厚い方らしく、現在は異常とはいえないが、定期的な検査をすすめられました。

塊の症状がでる疾患についても検査しました。

独身女性としては腟式内視鏡での検査は抵抗があります。

でも、将来の妊娠のことを考えると何かあったとしたら早期発見がいいに決まっています。

腟式内視鏡検査は女性医師を指名して受診しました。

子宮筋腫がある場合、塊のほか出血量が多く、貧血や生理痛の症状がでます。

私はかなり当てはまる症状があったので心配しましたが、子宮筋腫はなくホッとしました。

血の塊となる原因

IMG_3308
ひとまず、何か病気といえるものではありませんでした。

医師いわく原因は環境の変化が大きいようです。

のらりくらりと過ごしてきた学生生活から一転。

就職して仕事をすることは期待が膨らむ反面、不安もとても大きかったのです。

氷河期でしたから、就職活動には本当に翻弄されました。

内定がもらえないことに自分を否定された気持ちになりました。

履きなれない革靴で負担のかかった足のかかとにストレス性いぼができました。

そうしてやっと就職が決まり、仕事を始めた時はとても嬉しく楽しかったのですが、絶対に失敗できないプレッシャーが覆い被さってきました。

私は他人からは明るくあっけらかんとしているといわれますが、ストレスが態度にでない人ほど身体にでるそうです。

慣れない仕事でのストレスや疲労で女性ホルモンが乱れてしまいました。

また、職場のエアコンが効き過ぎるのです。運悪く席も風がよく当たる場所でした。

もともと冷え性だったのですが、より子宮の血行がわるくなり、血液を分解する酵素の働きが悪くなったと考えられます。

いろんなことが重なって血の塊が多くなっていったのです。

血の塊の改善策

IMG_4361
性格的にストレスをストレスと感じ取れないため、根本的なストレス排除はどうしようもできないことから、生活環境を改善することにしました。

運動は苦手だったので、仕事帰りに1駅手前で降りて歩いてみたり、エレベーターを使わないように努めたりしました。

あと、冷え性のくせにキンキンに冷えた飲み物が大好きでしたが、あたたかい飲み物を飲むようにしました。

はまったのが梅こぶ茶。なんだか疲れた時に効くらしく、おいしくてほっと一息つけるのです。

ゆっくり入浴して温まるようにしたり、黒酢を飲んでみたり、血行をよくするといわれることはなんでも試してみました。

食事はバランスよく、鉄分の多いほうれんそうなどの野菜を多く食べるようにしました。

子宮の血行不良は骨盤のゆがみからも起こるそうで、骨盤矯正のため整体院へも通院しました。

骨盤矯正に通院すると、便秘も快復していきました。

パソコンをしている体勢がよくなかったようです。

生理の血の塊はよくなった

生理の状態は努力あってよくなりました。

血の塊は大きさも小さくなり、量も減りました。

さらに、生理痛や貧血も改善されていきました。

女性も身体が資本。やっぱり、日々の生活を丁寧に見直してみることが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. kYOKO より:

    SHIBAIKUさん💕私も経血量を減らそうと思って低用量ピルを連続3シート飲み続けてみようと思っている位なのよ😃✌💕🎶低用量ピルを飲むと重要なeventと重ならない様に生理をずらしたり&飛ばしたりしてくれるんでしょ❔❗💊だから吐かないか心配なだけなのよ🎵💕🎶47才の私でも低用量ピルを飲んでもOKなわけねぇ💕🎶50才近くまで低用量ピルを飲んでみようと思う位なのよ🎵💕🎶

この記事にコメントする