IMG_8776
体の悩み

生理中でも飲酒OK?体をいたわりながら飲酒するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お酒大好き!

でも生理中に飲酒するとなんだか体の調子が悪くなる……。

そんな女性も多いのではないでしょうか?

私も以前はそうでした。

お酒が大好きで、おいしいものを食べるときには、おいしいお酒が欠かせません。

毎日飲まないとやってられない!というほどではないので大量に飲むわけではありませんが、生理中でも飲み会に誘われれば行きたいですし、おいしい料理とお酒を楽しみたいと思っています。

生理中もお酒を楽しみたいと思い色々と試してみた結果、体の調子を崩さずに飲酒を楽しめる方法を見つけました!

生理中の飲酒で困ったこと

TSURU170211-034_TP_V
生理前や生理中にお酒を飲んだことで私が感じた体調不良は、次のようなことでした。

生理痛がひどくなる

ひどい生理痛はめったにない私ですが、生理直前から生理3日目くらいにかけてたくさん飲酒すると、飲んだ翌日の朝から生理痛が重くなることがありました。

アルコールによって体が冷えたり自律神経のバランスが乱れたりして、生理痛がひどくなることがあるようです。

下痢になりやすくなる

私はもともと下痢になりやすい体質ですが、特に生理中になりやすくみたいです。

そこにアルコールが加わると下痢になる確率がグンとあがります。

生理開始直前にうっかりたくさん飲酒してしまったときには、その後の生理1日目~2日目にかけての下痢がひどく、1日中トイレとお友達状態になってしまい、生理直前の大量飲酒を猛反省しました……。

二日酔いになりやすい

KAZU20140601-P6010023_TP_V
あるとき、飲んだ直後の夜中から二日酔いに苦しんだことがあります。

いつもより飲んでいないのになんでだろう?と思っていたら、翌朝に生理がきました。

生理中は黄体ホルモンが分泌されて体の機能が全体的にオフモードに入るそうです。

肝臓の機能も低下しアルコールの分解能力が落ちるので、普段は平気な飲酒量でも二日酔いになりやすいんだとか。

貧血になりやすくなる

生理2日目にあった飲み会で生理を忘れて楽しく飲んでいたとき、「顔が青白いよ!」と言われたことがあります。

立ち上がると酔いとは違う立ちくらみ感があり、貧血気味になっていることがわかりました。

生理で血液が奪われてただでさえ貧血になりやすい状態のときに飲酒すると、アルコールの分解のために体の水分やマグネシウムなどが使われて、さらに貧血になりやすくなってしまうようです。

生理中に飲酒予定がある……対処法

IMG_9178
たとえ生理中であっても、友達や会社の付き合いで避けられない飲み会もありますよね。

私は生理直前から生理3日目くらいまで自宅ではお酒を飲まないようにしていますが、飲み会が好きなので、その期間中でも誘われたらすぐにOKします。

でも、いつものようにたくさん飲んでいては下痢になったり生理痛がひどくなったりしてしまうので、生理中の飲み会では次のようなことに気を付けています。

体を冷やさないお酒を選ぶ

アルコールによって体が冷えてしまいますが、できるだけ体を冷やす作用が少なくて体に負担の少ないお酒を選ぶようにしています。

梅酒のお湯割りやホットカクテル、ホットワインなんかを、ゆっくり少しずつ味わって飲むのがおすすめです。

お酒のあとに水を飲む

アルコールを摂取しすぎないようにするためと、アルコールの血中濃度を一気に高めないようにするために、お酒→水→お酒→水という具合で、お酒を飲んだら水を飲むようにしています。

できればお酒と同じ量の水を飲むのが理想なんだそう。

おいしい料理と合わせて飲むものとして水はつまらない……という場合は、炭酸水にレモンを絞ったものを飲むと気分が上がります。

タンパク質を食べる

N612_misotodaizu_TP_V
普段はお酒との相性を重視して料理やおつまみを選びますが、生理中は、一緒に摂る食べ物に気を付けています。

アルコール分解を促してくれるタンパク質がおすすめと聞いたので、生理中の飲酒の際は肉や魚、大豆製品などを中心に料理を選ぶようにしています。

また、生理中に飲酒の予定がある日には、朝食や昼食の時点でタンパク質を多く含む食材を積極的に摂るよう心がけています。

飲酒開始前に飲酒量を決める

地味ですが、飲み会で飲酒量を抑えるために効果的なのがこれ。

普段は「たくさん飲むぞー!」と意気込んでどんどんお酒を飲みますが、生理中は始まる前に「今日は3杯まで」と決めておきます。

意思の弱い私は1人で心の中で決めていても雰囲気にのまれて飲み過ぎてしまいそうなので、飲み会前に友達にも飲酒量を公言します。

そうして、決めた量以上に飲んでしまいそうなときは友達に止めてもらっています。

生理中であることが言えない男性の前や会社の人の前では、体調がすぐれないという理由にしています!

生理中も賢く飲酒を楽しもう!

IMG_8776
食べ物もお酒も大好きな私にとって、おいしい料理にはおいしいお酒が欠かせません。

たとえ生理中でも、友達や家族とおいしいものを食べるときにはお酒が欲しくなります。

これからも、飲むお酒の種類や量、食べ合わせに注意しながら、生理中でも賢く飲酒を楽しもうと思っています!

もちろん、人によってアルコール許容量や生理の状態は異なるので、生理中は飲酒しないほうがいい人もいます。

自分の状態をよく観察して、体をいたわりながらお酒と付き合っていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

  1. kYOKO より:

    MIDORIさん💕私も、愛が全てと思っています💕🎶理想の恋愛関係は、JEAN PAUL sARTRE&SIMONE DE BEAUVOIRの様な関係ORフランス映画赤と黒の様な決闘もありの恋愛関係に憧れています💕🎶

  2. kYOKO より:

    MIDORIさん💕私は、経血量を減らそうと思っているので、低用量ピルを飲み続けてみようと思っています💕🎶47才の私でも低用量ピルルナベルを連続3シート閉経近くまで、飲んでみようと思うのよ😆❤🏠🍺の近くの銭湯とかにも行く場合にも、低用量ピルを飲んで生理を飛ばしたりしてみよう😆💖

この記事にコメントする