click4
心の悩み

好きになれない職場の人……心がけひとつで嬉しい変化が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「この人、何だか嫌だなぁ……」

ろくに喋ったことがないのに好きになれない人って、あなたの職場にいませんか?

その人がいると何となく憂うつになったり、自分を嫌悪したり、していませんか?

私の場合、学生時代はそこまで気にならなかったのに、社会人になってから気分が重くなることが増えた気がします。

でも、少しだけ考えてみてください。

好きになれない人とあなたは、

”あまり話をしていなくて、お互いが慣れていない”状態ではないでしょうか。

心がけを変えてみたら、状況が良くなるかもしれません。

職場のAさんと私の話

苦手な人がいると心も暗くなる

初顔合わせでモヤッ

click1
以前の職場スタッフの中で、1人だけ好きになれない先輩がいました。

先輩の名前を仮にAさんとします。

「なんか嫌な感じだなぁ……」という印象を持ったのは、アルバイトの初日。

私は新人として挨拶をしたのですが、Aさんは

「ふーん」

といった反応。

正直、モヤッとしたものを感じました。

別に何をされたわけでもなく、言われたわけでもないのに、です。

私にだけ……

さて、このAさんの態度。

誰にでもこういうスタンスなのかと思いましたが、そうではありませんでした。

他の人とはきちんと話していますし、仲のいいスタッフもいる模様。

なぜ私には?と考えたときに思い当たったのは、”太っている私の見た目”です。

これまでに太っていることで、いろいろな辛い思いをしてきました。

さほど仲が良くない人から「デブは嫌い」ときっぱり言われたこともあります。

Aさんも口には出しませんが、おそらく太っている人が嫌いなのでしょう。

仕事の日の朝、冷蔵庫に貼ってある勤務シフト表を確認し

「今日はAさんも出勤かぁ……」と思ったら、その日のテンションはダダ下がり。

ひどいときには「今日はAさんがいるから、行きたくないなぁ」

そんな気持ちにまでなってしまいました。

本を読んでアドバイスを実践!

click2
20代のころの私は、キラキラした女の子になりたくていろいろな本を読んでいました。

”愛される女子になる”、”20代女が”、”モテ”といったキーワードが散りばめられている本や帯を見ては、飛びついていた気がします。

その中で心に留まった1冊がありました。

『ココロ美人』 佐藤 康行 (著), 藤堂 はくる (イラスト) ハギジン出版

既にこの本を手放してしまい、記憶が薄くて申し訳ないのですが、

ココロ美人、苦手な人でも自分から心を開いて話しかける――……という内容でした。

その結果、相手に好意が伝わるから良好な人間関係が築けると。

上記の文章を読んで、あなたはどう思ったでしょうか?

好きになれない人に近づくのは難しいですし、どうやって声をかけていいかもわかりませんよね。

私も、そう思っていました。

「でも、なんとかしないとなぁ……」とも思った私はこの本の言葉を実行することにしました。

”好きにならなくてもいいから、せめてAさんとの関係を普通の状態に持っていきたい”

そう思ったんです。

積極的に話しかける

click3
まず実行してみたのは

”仕事でわからないことがあったら、Aさんに聞いてみる”ということでした。

それまでの私は、聞きやすい人や近くにいた人に仕事の不明点を聞いて、なるべくAさんには近寄らないようにしていました。

最初は、自分の心臓が細くなるような思いがしたのを覚えています。

”ココロ美人”という本を読んだのに、”ココロ病人”になりそうでした。

結果、私にもAさんにも変化が

本の内容を実践している内に、だいぶAさんへの苦手意識も薄れてきました。

そして、同じ日の出勤も苦ではなくなってきたころ。

お昼の休憩時間がAさんと一緒になりました。

私のほうが先に休憩をしていて、後からAさんが休憩室に来た流れです。

お昼ごはんをほとんど食べ終えていた私は、席を外そうか悩んだものの

「この場から逃げ出すようにいなくなるのって、良くないよなぁ」

と考えて、しばらくAさんと一緒に過ごすことにしました。

Aさんと私が何を話していたのかは忘れてしまったのですが、

「あなたと話すのが楽しい」と言われました。

好きになれなかったAさんから、そんなことを言われるなんて……!

すごく嬉しかったと同時に、次のような思いも芽生えました。

「勝手に、私が嫌っていただけだったんだ」

とても、心が痛かったです。

こんな風に、第一印象が悪くてお互いに歩み寄ることが出来ないケース。ケンカと少しだけ似ているなと感じます。

良好な関係であれば流せるような事柄であっても、”ケンカ中”というだけで突っかかってしまったり、カチンとしたりすることってありますよね。

「あの人は、こんなふうに思っているはず」

あらぬ方向に考えてしまって、不安な気持ちがどんどん大きくなってしまいます。

人間関係は早いうちに、できるなら修復したほうがいい

とはいえ、自分自身が頑張っても、好きになれない人からの反応が薄い時もありましたし、

どうやったとして”合わない人”もいました。

そもそも、相手がこちらのことを”嫌い”と感じていて、受け入れてくれないのなら何をしても無駄でした。

第一印象は大事ですし、直感が当たっているケースもあります。

でも、最初から「この人嫌だなぁ……好きになれないかも。」と思ったまま重い気持ちを抱えて過ごすって、しんどいと思うんです。

最初はつらいかもしれませんが、私のように歩み寄ることで改善される場合もありますよ。

どんよりした、あなたの人間関係が明るくなりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事にコメントする