老け顔
しわ・ほうれい線

写真は真実の姿!?シワが増えた老け顔を改善!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

顔が老けた……と感じるのはどんなタイミングですか?

私は、写真に映った自分の姿を見た時です。

鏡に写る自分は、見慣れているせいか、それほど敏感に変化を感じることが出来ませんが、写真に映った自分を見ると、「去年よりめっちゃ老けてる!」とびっくりすることがここ最近増えて来ました。

子育て中は、外遊びの付き添いで紫外線を浴びる機会も増えるので、肌が傷んでシワが増えるのは仕方ないと分かっているのですが、子供のため!……いや自分のため???出来るだけ若いママでいたいと思いませんか?

産後約3年、自分がどうして老けて見えるようになったかを考えてみました。

すると2つの原因が見えて来ました!

シワが目立ち、老け顔に見えるようになった2つの原因

私は、美容部員をしていたこともあり、20代前半の頃からアンチエイジングを意識し、化粧品選びには気を使っていました。

しかし、私のアンチエイジングは20代~30代前半向きのお手入れだったせいか、34歳になった頃から、急に肌の状態を維持することが出来なくなってしまいました。

スキンケアを見直すタイミングはいつ?

お肌の曲がり角は20代~30代前半と言われていますが、調べてみると、本格的な曲がり角は34歳からのようです。

33歳までは、保湿効果の高い、少しアンチエイジングを意識したスキンケアだけでも十分綺麗な肌を維持することができますが、34歳になると、急に肌のハリや弾力がなくなり、シワやたるみによる毛穴が増えてしまいます。

※頬を指で持ち上げて消える毛穴は、たるみによる毛穴です。

マットなベースメイクもシワを強調する原因

私は、20代前半の頃からリキッドファンデーション・コンシーラー・パウダーファンデーション・ルースパウダーを隙間なく塗り重ねてしっかりカバーするマットなベースメイクが大好きでした。

何年も変えることなく、同じベースメイクをしていましたが、陶器肌メイクと言われるマットなベースメイクが流行っていたのは10年近く前……

陶器肌メイクのなんともいえないコンサバな雰囲気も顔を古臭く老けて見せている原因のようでした。

陶器肌メイクは、時間が経つと、笑いジワやほうれい線の溝にファンデーションが入り込み、ファンデーションのヨレがさらにシワを強調してしまいます。

今は素肌っぽいナチュラルな肌が健康的で綺麗な肌と言われています。

ナチュラルメイクだとファンデーションのヨレも目立ちません!

年齢肌に合わせて、スキンケアを見直す!

拭けがp2
シワを目立たなくさせるには、肌にハリ・弾力が必要です。

年齢肌が気になりだしてからは、肌にハリ・弾力が出るスキンケアにこだわり、数々の化粧品を試してみました。

その中で1番効果があったのはこちら……「ユーグレナ ONEオールインワンクリーム」です。

肌に気になる部分が出てくると、スキンケアアイテムを増やし、何かと肌を触りたくなってしまいます。

でも肌に触れる回数が増えると、摩擦が増え、肌の老化を更に早めてしまいます。

そこで、肌を触る回数・摩擦を減らすためにスキンケアをオールインワンクリームにかえてみました!

ユーグレナ ONEオールインワンクリームは、使い初めて3日程は、特に効果を感じることが出来ませんでしたが、4日目から肌がふっくらし、肌の奥から弾力が出で来たのを感じました!

肌が少しふっくらするだけでも顔の印象は全く変わります。

ユーグレナ ONEオールインワンクリームは、肌につけてゆっくり馴染ませると緑の粒が弾け、肌の奥まで栄養素を届けてくれます。

ユーグレナの59種類の栄養素が肌にハリとうるおいをアプローチするというのは本当でした♥

ユーグレナ ONEオールインワンクリームのみのシンプルなお手入れを2ヶ月程続けると肌の状態が全く変わり、顔がリフトアップされほうれい線が目立たなくなり、久しぶりに会った友人に驚かれました!

オールインワンクリームの効果を最大限に発揮するには

オールインワンクリームでスキンケアをする際、ついつい手の平に伸ばしてから顔に塗りたくなりますよね。

しかし手の平にオールインワンクリームを伸ばすと、クリームの栄養素が手に吸収されてしまい、本来の美容効果を発揮することが出来なくなります。

オールインワンクリームは、スパチュラで手に取り、指で顔全体に伸ばしてから手の平で肌を抑えるようにハンドプレスをして、肌の奥へ栄養素を浸透させるようにして下さい。

ベースメイクは薄くナチュラルに!

老け顔3
年齢を重ねると、肌トラブルが増え、メイクで隠したい部分が増えてきます。

しかし、シワやたるみなどの年齢肌の悩みは、ファンデーションを塗り重ねて隠すとかえって目立ってしまうので、ハイライトの入れ方やポイントメイクの色使いを変えて目立たなくさせましょう!

ベースメイクは、薄付きの化粧下地にウォーター系の軽いリキッドファンデーションを塗って、ルースパウダーでナチュラルに仕上げましょう!

気になる目元のシワやくすみ・ほうれい線には、ハイライトを入れ、明るさで目立たなくさせて下さい。

おすすめのハイライトはこちら……セザンヌ フェースコントロールカラーです。

このハイライトは、ドラッグストアなどで400円で販売されているプチプラコスメです。

白く発色しすぎず、薄く塗るだけで肌にナチュラルな立体感を出してくれます。

カラーは、ホワイト・パール入りホワイト・パール入りピンクと3色ありますが、ホワイトがおすすめです!

(パールやラメの入ったハイライトは、時間が経つとくすみやすく、シワの溝部分に塗ってしまうと影になり、シワを目立たせてしまうので注意して下さい!)

ハイライトで目元・口周りのシワを目立たなくさせる

スクリーンショット (82)
ハイライトをいれると、シワやくすみが目立たなくなり、顔全体がトーンアップされ、若々しい印象になります。

ポイントメイクも要注意!

濃すぎる眉・チーク・リップなどのポイントメイクも顔を老けて見せる原因になります。

眉がくっきり濃すぎる・細すぎると老け顔になってしまうので、明るめの色で、ほどよい太さの眉をふんわりぼかすように書くよういて下さい。

そして肌のくすみが気になる方は、少しオレンジの入ったコーラル系のチークを使用すると健康的で若々しい肌に見えるようになります。

肌のくすみが気になる方がピンクのチークを使用すると、肌色とのトーンバランスが悪く、顔が老けて見えてしまうので注意が必要です。

仕上げのリップは、色が濃すぎるものは避け、血色がよく見える肌馴染みのいいナチュラルカラーを選ぶようにして下さい!

さいごに

「シワが増えた老け顔を改善する方法」についてご紹介させて頂きました!

毎日鏡を見ていても、自分の肌の衰えにはなかなか気づくことが出来ません!

アンチエイジングを始める時は、写真に写る自分の姿を確認し、どの部分の改善が必要かを見極めてから始めて下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事にコメントする